医療レーザー脱毛は効率に優れた処理方法

女性


医療機関で広く扱われている医療レーザー脱毛は、数多く存在する脱毛方法の中でも処理効率に優れた選択肢であり、少ない施術回数で広範囲のムダ毛をなくすことが可能です。
照射するレーザーは医療用機器を脱毛用に調整したもので、皮膚表面の黒いメラニン色素へのみ反応するため、肌への影響を抑えつつムダ毛にエネルギーを集中させられます。その結果、毛穴の根元部分にある発毛組織をまとめて熱処理でき、再び毛が生えてこないような効果も同時に見込めます。医療レーザー脱毛は永久脱毛としての効力が強く、適切なタイミングで治療を何度も受けていれば確実に効果を実感できる優れた技術です。ただし、注意点として肌表面もレーザー照射及び毛穴の加熱による影響を少なからず受けるため、術後は赤みと熱を帯びやすく、肌質次第では肌が荒れてしまう場合も想定されます。

副作用を軽度に抑えるには、医療レーザー脱毛を受ける前後において十分な保湿を心がけておき、熱を帯びている状況では入浴を避け、水分を与えつつ肌を冷やす選択が効果的といえます。

また、春から夏場は日焼けにならないよう警戒が求められるほか、自己処理を行うとレーザーのエネルギーが集中しにくくなるので、効果が最大限に得られる状態を整えておくと安心です。


ページTOPへ戻る