全身脱毛と色素沈着

女性


全身脱毛では体のすべてのムダ毛を処理しますので、部位によっては黒ずみがある場合があります。黒ずみは色素沈着と呼ばれますが、医療レーザー脱毛によってムダ毛を処理する際には問題が発生してきます。医療レーザー脱毛は黒い色素に反応する性質により脱毛を行うため、黒ずみがある場合にはムダ毛以外の皮膚にも反応してしまいます。黒い色素に反応することで熱を発しますが、熱によって毛母細胞を破壊するため毛が生えてこなくなるのです。色素沈着があると熱によって痛みが強くでてしまうため、以前であれば施術を受けられなかったのです。

現在では色素沈着があっても施術ができる医療レーザー脱毛器がありますので、以前のように神経質にならなくてもよいメリットがあります。冷却ガスを使用したりジェルを塗布することによって痛みを和らげる効果がありますが、全てのクリニックで導入しているわけではありませんので、クリニックの選択が必要になります。一般的には痛みを和らげる脱毛器とはいっても出力を落として施術を行うため、脱毛効果は低くなります。
全身脱毛を医療レーザー脱毛で行う場合には、日焼けや色素沈着を改善してから施術を受けたほうが良いと言えます。


ページTOPへ戻る