医療脱毛と毛母細胞について

女性


現在主流となっている医療レーザー脱毛とは、黒いメラニン色素に反応するレーザーを肌に照射し、毛母細胞を熱で破壊するという脱毛法のことを言います。そのため少しだけ痛みを感じてしまうこともあります。また、出力の高いレーザーは肌の黒さにも反応するため、日焼けしている肌や色素沈着している部分には照射できないこともあるので注意しましょう。不安がある場合は事前に医師に相談して説明を受けることが大切です。

エステサロンで行っている脱毛はどうなのかということですが、出力の高い機器を扱えるのは医師免許を持ったドクターだけとなっています。そのためエステサロンで使用されている機器は医療機関で使われているものよりも出力が低く、肌への刺激も弱くなっているということです。

しかし、エステサロンの施術では毛根に働きかけることができないため、その効果は一時的であると言えるでしょう。毛母細胞は生きたままなので施術後も時間が経てばムダ毛が生えてきてしまいます。
そして、ムダ毛のない肌でいたいという場合、ずっと施術を受け続ける必要があるのです。取り扱う機器の出力の違いもありますが、肌トラブルが起きた場合のことを考えると、ドクターがすぐに処置をしてくれる医療機関で施術を行った方が安心です。


ページTOPへ戻る