専門家が行う針を使った永久脱毛

電気針での脱毛


現在では永久脱毛といえば美容クリニックが行う医療レーザー脱毛を言うようになりましたが、本当の意味での永久脱毛は電気針を使ったニードル脱毛のことを言います。 1本ごとに毛穴に電気針を差し込んで処理を行うため、効果の高さは最も高いレベルにあります。 施術完了から1か月後で20%程度の再生率が基準になりますが、医療レーザー脱毛では使用されるようになってから十分な実証がされていないため不確定な部分が多いのです。 毛穴に直接差し込むため、熟練の技術がなければできませんので、専門家のテクニックにより行う施術となります。

美容クリニックでもほとんど行われなくなっていますが、脱毛効果の高さは確実性が高いといえます。 毛穴に1本ずつ施術を行うため施術に時間がかかりますので、効率が悪いことも行われなくなっている理由と言えます。 医療レーザー脱毛ではレーザーを照射するだけで処理が可能ですから、熟練の専門家でなくても施術ができるのです。


ページTOPへ戻る