医療レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛の仕組み


医療レーザー脱毛の仕組みは、かんたんに言えば、色の濃いところに反応するレーザーを使っていくことです。
黒いメラニンにレーザーが反応しますから、むだ毛の毛根部分に熱ダメージを与えることができるのです。
ムダ毛の毛根部分には、毛乳頭があります。
毛乳頭は、むだ毛をどんどんはやしていくといったはたらきをもっているので、この部分にレーザーをあてて熱ダメージを与えることができれば、むだ毛を生えてこないようにすることができるのです。

医療レーザー脱毛の場合は、エステサロンでの光脱毛やフラッシュ脱毛よりもより大きな熱ダメージを毛根部分に与えることができるので、完全に毛乳頭のはたらきを破壊できます。
それによって、永久にむだ毛が生えてこないようにすることができるのです。

黒いメラニンに反応するという仕組みなので、日焼けをしたお肌や、タトゥーのあるお肌にはやけどになってしまうためレーザーを当てることができないので注意が必要なのです。


ページTOPへ戻る