永久脱毛の定義

永久脱毛の定義


永久脱毛は処理を行ってから永久に毛が生えてこなくなるという意味合いで使われることが多いです。 しかし、定義としては処理を行ってから1か月後の毛の再生率が20%以下である、というものであるため、毛が再生する場合でも使われます。

脱毛方法の中で、唯一永久脱毛できる実績があるのがニードル脱毛です。 これは毛穴に針を入れ、電流を流すことで発生する熱を直接毛根に与えて毛母細胞を破壊する原理であるため、確実に脱毛できます。

歴史も長く、数十年経過したときのデータもあるため、ほぼ永久的に効果があることが分かっています。 医療レーザー脱毛などでも永久脱毛という言葉が使われており、利用を続けることでほぼ毛が再生しなくなります。 しかし、この方法は毛根に光を吸収させて熱を持たせる原理であるため確実性が低くなります。

皮膚の状態によって光りの出力を低くすることもあり、この影響で数年程度で再生してしまうこともあります。 また、長期的なデータがまだありません。ただし、処理を行った後は毛の本数は減り、細くなるので無駄になることはありません。


ページTOPへ戻る